準備するもの | ビジネス用ワードプレス・テーマ(Wordpress Theme)を【無料配布】しています / 商用ホームページ無料作成講座のテンプレート無料配布サイトです。

無料で使えるビジネス用ワードプレス・テーマ | 個人商店・中小企業向けに最適なテンプレートを無料配布しています

 事前に準備するもの

Ⅰ.レンタルサーバー

以下の環境を備えたレンタルサーバーが必須です。

  • PHPなどのCGIが動く環境のもの
  • データベース/MySQLが動く環境のもの

WordPress (ワードプレス)をインストールするには以上の環境を備えたレンタルサーバーが必須です。
手頃なところでは年間レンタル料が安い【バリューサーバー】や【コアサーバー】がおすすめです。
当サイトでも利用しています。

2.ドメイン

事業用・会社用としてビジネスサイト(商用サイト)をスタートさせるのであれば、レンタルサーバー会社から無料で提供されるフリーのサブドメインではなく、きちんとしたあなたの会社専用のものを取得することをおすすめします。
インターネット上では、このドメインが各ウェブサイトの住所になりますので、ブランディングや信用の面においても、このドメイン取得はメリットがあります。

.com .net などであれば、1,000円/年 程で取得可能です。

手頃なところでは、【バリュードメイン】がおすすめです。 1.で紹介したコアサーバーとの連携もとれています。
当サイトのドメイン管理も【バリュードメイン】を利用しています。 取得したいドメインがあれば、【こちら】から確認することもできます。

3.FTPソフト

FTPソフトを使って、レンタルサーバー上にWordpressの本体(ソースファイル)をアップロードします。 後々、ソースファイルの編集を行う時や、画像ファイル等をアップロードするときにも使用します。
また、セキュリティ上、各フォルダやファイルの属性変更(パーミッション)の設定を行う時にも使用します。

FTPソフトはレンタルサーバーとの接続を行うので、暗号化された送信方式に対応したものを選ぶことをおすすめします。
例をあげると、FilezillaWinSCP 等があります。
当ウェブサイトの管理では、主に WinSCPを使って、暗号化送信によりファイルのやりとりをしています。。

4.コンテンツ、他

ウェブサイトのコンテンツとなる文章や写真素材など、あなたの事業用・会社用として、訪問者に対してアピールする上で必要なものを事前に用意しておくと、ウェブサイトの構築に費やす時間が短縮されることは、言うまでもありません。

文章などは、コピー&ペースト出来るよう、また画像については、サイズや色味等を画像編集ソフト等を使って、準備しておくと良いでしょう。

レイアウトについては、当サイトでもサンプルとしてデモサイトを稼働させていますので、参考にしてください。